Aの音

久しぶりにピアノの調律をお願いしました。

本来去年の今頃に来ていただかなくてはいけなかったのに、


なんやかんや月日が流れ


二年ぶり近くなってしまいました。



私ったら・・・・。




音大に行ってた人間とは思えない・・・・。





まぁ、家で練習することが今まであまりなかったのであまり不都合がなかったんですね。


難点はたまに家で伴奏合わせをするとピアニストの子がかわいそうってこと



でも、最近家で練習派になったのでここは調律師さんの出番!


ということで










我が家では442Hzでお願いしているのですが


なんとびっくり


A(ラ)の音が4HZも下がって


438HZ!!

ありゃりゃ。


しかもFの音がカタカタいうなぁと思っていたら


ニカワが切れていたんですって。(ニカワって言われてもいまいちよくわかんなかったけど)






それもそれもFの音だけでなく、他5音も。




それも直していただいて




やっとすっきり


まともなピアノになりました。


かなり古いのでものすごくまともではないかもしれないけど


私的にはこれで十分。



調律のイワサキさんには感謝感謝です。






それにしても

調律してから毎回ピアノの練習するとき


特に、チェルニーの出だしのCの音でドキッとします。



予想している音と違うんだもん。



変な音のピアノで練習してると自分の耳までそれに慣れちゃうのでだめだわね。




まぁ、あと二日もすればまともなピアノの音に慣れると思います。



皆さんのお宅もピアノは是非定期的に調律してあげてくださいね。







調律しようかなぁと思ったついでにクリックお願いします♪人気ブログランキングへ
[PR]

by asako-watanabe | 2009-02-09 20:36 | 徒然